国 分 寺 万 葉 植 物 園 (国分寺境内)入園無料
国分寺万棄植物園の概要 万葉植物園は、国分寺が建立された頃、編まれた歌集で、中には万葉の歌人たちが植物に託してその心を歌ったものが多くおさめられている。そこで、跡を訪れる方々に、植物を通じ、またそれらを詠んだ歌を通じて当時の人々の考え方や生活などを知って、その昔をしのぶ一助にしてもらいたいとの意図のもとに造られたのがこの万葉植物園である。これらの植物は、当時住職星野亮勝が、昭和25年から38年までの13年間を費やし独力で採集したもので、現在では、当地にて栽植の及ぶ限り、約160種(他に各植物約700種)が8,019平方メートルの園内に植えられています。

INDEX

案内の標識各万葉植物ごとに植物の万葉呼名、和名万葉例歌及びその作者を載せた万葉例歌及びその作者を載せた説明板あり。

※新旧のかなづかい、植物の科名、異説名、産地など、それぞれ専門的には、異なるものもございます。


(平成16年5月20日誤字脱字を訂正)

HOME